関東と関西
どっちが住みやすいかな?

▼ SITE TOP

▼ PAGE TOP

間取りの違い

建築においてはそこまで明確な違いを提示することは出来なかったが、先に書いたのは家を建築するときの材料に絞っただけで、実は家の中の間取りにまでは触れていませんでした。実は関東と関西では『部屋の間取り』という点が大きく異なっているのです。そのため、転勤などのやむを得ない事情で関西地方に転勤ということになった場合、間取りのことをきちんと把握していないと、中には持ってきた家具が入りきらない、何ていう事態に見舞われることもよくあるといいます。これは意外と重要な問題だとお分かりですね。
間取りによって、その人が部屋をどうアレンジするかで、自分が日常生活を快適に過ごすために家具を購入したりしますが、東京で住んでいたとして、京都のマンションに引っ越したときに持っていた家具の一部が合わない、となれば由々しき事態になることも考えられます。
ではこうした展開を防ぐにはどうしたらいいのかということになりますが、そこはきちんと間取りの違いについて勉強・理解・把握しておくことが大事です、なのでここからは間取りについて説明して行きたいと思います。

どこに住みたい?
浦和 賃貸、そこは皆様に桃源郷というオアシスを提供することの出来る楽園でございます 。とりあえずは、会話をしよう 。浦和区を含めた川崎中心部を網羅している当店では、何事も完璧を目指した不動産物件を提案・提供しているという噂を聞くけど、本当なのかな?お客様満足度を調べてみると、一様に全員最高評価を下しているんだけど、さすがに100人近くも投稿していると、信じるしかないな 。浦和 不動産、怪しい感じもあるかもしれないけど、見てから決めないと始まらないな 。

江戸間と京間

まず初めてに、古来の日本的な部屋の寸法とした部屋の図り方である畳を基準とした寸法方式を採用している『京間』から説明していきます。これは関西を始めたとした西日本で普及していた間取りで、ほかの間取り方式よりも大きな畳を使用して部屋を作っています。しかし現在の状況を見ても、この間取りを活用している住宅はさほど多くないといいます。
その理由としては、ほかの間取りと比べるとかなりの大きさを持つことになり、マンションといった集合住宅ではあまり空間を有効的に利用していないということになってしまうので、主に一戸建て向きの間取りといえるだろう。ところが新築物件として建てる際には、広く利用されていないということもあって、一から建材を作る必要性が出てきてしまうので、無駄が出たり、またはこの間取りを採用したせいで坪単価が高くなる、といったこともあることから、あまり採用されていない。
だからといって京間自体がなくなったということではなく、むしろ日本人の体格がでかくなっているのだからもっと採用すべきだと考えている建築かもいるそうです。確かに、江戸時代を例にあげても日本人が大きくなっていることは明白なことだ。それを考えても広くした方がいいと考えやすいかもしれないが、値段的なものが上がるとなればまた別問題になるだろう。
また、その住宅にずっと住んでいればいいかもしれませんが、引越しをしなければならなくなったとなれば、引越し先が違う間取りだと狭く感じてしまうといいます。1つ知識として提示するのは、不動産屋で提示されている間取りに関しては、実はその間取りが京間を採用しているかどうかということが分からなくなっているんです。もちろん不動産屋に聞けば分かるかもしれませんが、それでも広い部屋方式を採用している京間を使っていた場合では、狭い部屋に転居したときに窮屈に感じてしまうことも。
そのため、引っ越すときは間取りには注意しなければいけなくなります。

次に『江戸間』についてです。字からして江戸の町でよく使われていたみたいな印象を受けるかもしれないですが、今の日本の住宅事情において、この江戸間が一番取り入れられている間取りの種類なのです。まず日本の間取りのとり方は畳から考えられいますが、この江戸間に関しては柱からの長さを基準とした間取り方式になっています。例を挙げて説明すると、八帖間の部屋であれば畳のサイズは横が88cmで、楯が176cmのサイズで構成されています。
京間と何が違うのかということになるのですが、京間は畳を基準とした間取り計算をしているのに対して、江戸間は柱からの間取り計算をしている、ということだ。江戸時代の頃、武蔵野国ではこの方式が採用されていたこともあり、京都と江戸では畳の大きさが違い、江戸間は京都の畳よりも幾分か小さく設計されているのだ。
ではこんな違いがなぜ生じたのかというと、一説には年貢米の基準となる面積が江戸時代に生産量の拡大によって収穫高が膨らんだため、と言われています。家を建築する際にもどうして江戸間が現在までに採用している物件が多いのかということについては、それは設計がしやすい、ということになります。京間のように畳を基準とした長さではなく、柱を基準とした長さの方式を取り入れている江戸間の方が建築時にトラブルが置きにくいそうです。そういったこともあり、非常に合理的な間取りとして今でもこの江戸間を基本としている間取りの物件が多いのです。
しかし江戸間は間取りの長さを柱を基準としているため、実は壁の厚みの半分が面積に含まれているので、逆におもっていた以上に狭いと感じることもあるので、注意を。

こういったことにより、江戸間を採用しているか京間を取り入れているかで住むときの間取りは全く変わってきてしまいます。実家が京間を採用している物件に住んでいる人ならば、一人暮らしをするときに江戸間の物件に住むということになれば、当然ですが間取りの違いに悪戦苦闘することになるのは、考えなくても分かるでしょう。全国的に普及しているのが江戸間ではあるものの、京間での生活になれている人が江戸間に引っ越すことになれば苦労を要することもあるので、事前に調査は欠かせないということになります。
少し話をそらすことになりますが、実は間取り方式にはもう1つありまして、『中京間』という、中京地方から東海地方まで広く普及していた間取りもあります。この間取りを採用している物件は京間よりもさらに少ないといわれていますが、そこまで普及していませんが現在のマンションの広告などで出されている間取りが、この中京間と似ているそうなんです。それにも関わらず、全国的に利用されているわけでもなく、中京間を実際に体験するにはこの間取り方式を取り入れている地域に行かないと見れないとまで言われています。
三つの間取り方式があるにも関わらず、江戸間を中心にして全国的に広がり、京間は数こそ少ないものの、建築家達はもっと採用すべきだと唱え、中京間というマンションの間取り指定に酷似している方式が、地域によって採用されていないと見ることもできない、というようなことがあるのは奇妙かもしれないが、私個人としては興味深く面白く感じられる。
広い間取りがいいということを追求した場合、京間は手間が掛かるかもしれませんがその手間を惜しんで新築を建築するのもいいかもしれませんが、関西圏に行く人は物件探しの中で京間の間取りを採用しているところを探してみると、案外東京から来た人からすればこの間取りなのに少しだけ優雅な暮らしを味わえる、なんてことも体験できていいかもしれません。私ももし関西圏で生活する機会が訪れたなら、間取りの採用方式を気にして探してみようと思います。