関東と関西
どっちが住みやすいかな?

▼ SITE TOP

▼ PAGE TOP

関東と関西の賃料の違い

関東と関西の不動産事情が違うように、当然、賃料も違ってきます。

敷引きのトラブルというのを先にあげてしまったが、では実際に関東圏と関西圏で賃貸する際には気になるのは料金だろう。土地柄や間取り、様々な条件を組み込んでも色々問題が浮き出てくることには変わりないのはよく分かるかもしれない。
関東から関西、またはその逆も鑑みることとして、やはり気になるのは入居時の支払う金額ということもあるとして、それ以上の今後自分が新しく生活していくことになる部屋の賃料と間取りだろう。
当然ながら関東と関西でも違いが出てくることになるのだが、今回は東京と大阪、そして京都の三つをモデルにして考えてみることにしよう。

どこに住みたい?

東京・山手線の場合

ピンからキリです、なんて一言で終わらせないので安心してください。山手線は新宿・渋谷を始め、多くのビジネス街立ち並ぶ町を繋ぐ都内の交通網の1つです。とにかく利用が半端ないこともあるが、中にはオシャレな街中を体験できるような外観で、東京に始めてくる地方出身方はそんな花矢中町に憧れて上京してくるそうですが、私は東京出身ということもあり、あまりその感情を理解できないので、なんとも言えませんが、何となく心情は理解できると思います。
さて、東京で住むということになると気になるのは家賃ですが、山手線周辺は基本的に割高なのは少し考えても分かると思います。1Rのマンションでも一番安くて62,500円と、社会人でも少し高いと感じる賃料となっています。1Rなんて少し狭すぎる、せめて1DKくらいあった方が良いなんていう人もいるかもしれませんが、それでも約75,000円と割高になります。田舎から上京してきた人たちは必然的に仕送りをしてもらっている人もいるかもしれませんが、月々こんな高いお金を田舎に住んでいるご両親が、あっさりと払うとは思えません。よほど裕福ならこれよりもグレードの高いところに住むことも可能かもしれませんが、親は子供が勉強のために都内に行ったということを前提で送り出しているので、そんな高い部屋に住んで遊びほうけているなんて考えたら、八つ裂きにされても仕方ないでしょう。
1DKでこの値段ということは、それ以上の間取りならこれ以上になるのは当然で、高級住宅街の1つである渋谷では4LDKのマンションで最大で72万円なんていう、資産家でもない限りこんなところには住めませんよという物件もある。賃料の高さから何となく分かるかもしれないが、交通の便などのことを考慮しても都内のマンションは基本的にかなり高めに設定されているので、一人暮らしをするとなると、どうしても少し離れた場所で暮らすしかなくなるのだ。特に学生という身分ではこんなお金を毎月払えるほど余裕などあるわけがなく、アルバイトをしながらでも到底月々の生活費を賄うのも厳しいのは明白だ。
華の都なんて言われている東京だが、その華に見合うにはそれだけの財政力が求められるということ。夢をお金で買うには中々厳しい時代かもしれないが、関西から来た人が都内の一等地で住む夢を抱くとなると、少し頑張らないと叶わないかもしれないという現実が少し悲しくなります。

大阪の場合

ナニワの街大阪、そんな大阪での賃料は東京と比べるとどれだけ違ってくるのでしょうか?まず1Rでは一番安価な値段で提供している地域は大阪市西成区の55,000円になっている。この時点で東京の一番安いところと1万円もの差が出てきてしまう。ではこれより少し大きい1DKとなれば一番安い賃料で提供しているのかというと、44,000円だそうです。えっと、1Rより安いという結果になったのは地形的なものを加味してのことでしょうが、それでもこの値段で1DKの広々とした部屋に住めるというならばお得感抜群だろう。周辺環境など様々な条件はあるかもしれないが、こんな値段で住めるとなれば東京の人からすれば少し驚きかもしれない。
では一番広い4LDK並みの部屋となれば一番安いとなればいくらぐらいするのか、大阪市平野区で76,000円だというんです。4LDKがこんな10万円切った家賃で住めるんですよ、東京の人間からすれば少し信じがたい値段のように見えます。こうまで地域によって差が出てしまうとさすがに関西の人は物件の家賃が高すぎると感じるのも仕方ないと頷けます。
そして先ほど述べた間取りについても注意が必要になってくるでしょう。先に述べたとおり、大阪では京間を基にした間取り計算をしているので、江戸間を採用している東京よりも実際の部屋の広さが狭く感じてしまうといった問題が浮き彫りになってしまう。そうなると、関西で住んでいた人が東京に住むとなると持っている絨毯のサイズが合わないということも起こることもよく理解できるでしょう。
また関西圏の人が京間の部屋に慣れてしまっていると、どうしても関東圏でも同等の部屋の広さを求めがちになるという。そうなると都内で同等の家賃となれば広さは確実に狭くなり、広さと家賃が同等の者を求めるようになると、やはり都心から離れた郊外地域しか要求に沿う物件はない。
大阪で安くて広い賃貸に住んでいたのに、どうして東京で住むところがこんなに狭いのに家賃は向こうと変わらないんだ、と理不尽に思うかもしれないが、そこは地域と文化の違いとして割り切って考えるしかない問題だろう。

京都の場合

古都京の都、こちらで住む際には賃料に関しては大阪とそこまで差がある値段というわけではない。1Rは一番安いところで京都府木津川市の29,000円が一番安い。それでも30,000円を切っているという時点で少しカルチャーショックを受けそうになるのだが、そこはさすが京都ということにしておきましょう。1DKクラスになると最低で35,000円と、こちらも40,000円を割っている時点で何となくずるいなぁと感じてしまう。40,000円なんて、サラリーマンのお父さん達が毎日の昼食代500円の約半年分ですよ、そんな値段で1DKに住めるなんて、京都の人はずるいです。ではでは4LDKクラスの大きさではどこの地域が一番安いのでしょうか?と言いたいのですが一番安いところでも3LDKでのみしか提供していないので、その条件で紹介すると、こちらも木津川市で62,000円という破格過ぎる安さで賃貸することが出来ます。
ここまでで述べてきましたが、京都では木津川市が非常に安価な値段で物件を借りることが分かりました。ではなぜなのでしょうか、ということで調べてみると、木津川市は近畿地方の中でも有名なベッドタウンだということです。郊外ということもあり、京都市からは約40km近く離れているため、電車でも中々行こうという気にはならないかもしれませんが、賃料のことを鑑みても住むには十分魅力があるという風に個人的には感じました。
間取りについては京間を多く使用していることもなく、江戸間を採用していることもあって、京都に住んでいる人からすれば東京の間取りはそれほど苦ではないかもしれません、が、やはり賃料という天では少し納得することのできないという人がいてもしょうがないとして割り切ってください。

柏市での新たな生活のスタートのお手伝いはマイホーム柏にお任せください。賃貸 柏市首都圏へのアクセスが便利な柏市の貸店舗や賃貸物件をご紹介致します。まずはお気軽にご相談下さい。
都心に近い住まいを探しているあなた、通勤を少しで楽にしたいと切に願ってるあなたのそんなわがままを全て伏見 不動産が叶えて差し上げます 。

東京と大阪、それから京都の三つに焦点を当てて賃料について調べてみましたが、ここまで差があるというのも面白いことでしょう。
東京の場合は都心にのみ焦点を当てて紹介しましたが、東京郊外でもリーズナブルに住めるところは沢山あります。都心にこだわる必要がないという方は、そうしたところで物件を探して、少しでも自分に合うマンションを探した方がいいでしょう。平たく言えば、広ければいいということでもなく、また狭ければ地獄ということでもありません。要は自分が納得して住めるかどうかというのが一番大事なことです。我慢して極端に狭いところに住むことが必ずしも正しいということではありません、要は実際に足を運んで物件を見学して、後物件周辺の店舗など生活に不自由しないかどうかということも考慮に入れて物件探しをしてこそ、新しい生活が送れるというものです。